燃えるごみ?燃えないごみ?マグネットシートの捨て方について

マグネットシートの捨て方

世の中、捨てようと思ったときに「これ、何ごみなんだろう?」と悩んでしまう物も少なくありません。
例えば「マグネットシート」は、何ごみに分類されるか、どのように処分すべきか悩んでしまうのではないでしょうか。そこでマグネットシートの捨て方について解説していきます。

マグネットシートの分別方法

結論から言うと、マグネットシートの捨て方は「自治体によって異なる」のが答えです。
「燃えないごみ」の地域もあれば「燃えるごみ」の地域もあります。
マグネットシートを処分したい場合は、お住いの自治体のホームページ等をチェックして、マグネットシートが何ごみに分類されるのか確認して処分してください。
ごみの分別ルールは、国によって統一的なルールが設けられているわけではなく、法律によって各自治体単位で決めることができると定められています。
その背景としては、自治体によって人口やごみ処理設備の充実さが異なるため、完全に統一的な基準を設けるのが妥当ではないからです。
そのため、マグネットシートに限らず、お住まいの自治体によってごみの分別方法が異なるのです。

自治体によって分別方法の異なるマグネットシートですが、いったい何でできているのでしょうか?
マグネットシートは「酸化鉄」と「樹脂」によって構成されています。
酸化鉄だけではシート状にならないので、樹脂を混入して接着剤の役割を果たしているのです。
これらの材料で出来上がったシートに磁力を入れることでマグネットシートが完成します。

マグネットシートの分別方法は分かりましたが、ではマグネットはどうなるのでしょうか?
マグネットの分別方法についても解説していきます。

マグネット

マグネット(磁石)の分別方法も、お住いの自治体によって異なりますが、一般的には、マグネット単体の場合は「燃えないごみ」として扱われることが多いようです。
磁石の原料は鉱石のため、燃えるごみとして処理すると環境汚染の原因になりますので注意してください。
大きさや種類によっては「粗大ごみ」や「危険物」として扱われていることもあります。
また、マグネット単体ではなく複合物の場合、可能であればマグネット単体になるように分解し、マグネット以外の部分はその素材の分別方法に従いましょう。
分解できない場合は、燃えないごみとして取り扱うことが多いですが、判別が難しい場合は自治体に問い合わせて処分方法を確認してください。

自治体によっては危険物として取り扱われることもあるように、マグネットは特殊なごみであるといえます。
理由は「磁気」であり、例えば他の危険物を引き寄せてしまったり、心臓ペースメーカーに誤作動を引き起こすなどの弊害が起こる可能性があるのです。
そのため、処分する際にはいくつか注意すべきポイントがあります。
まず「少しずつ処分する」ことです。
一度に大量のマグネットを処分すると磁力が強くなるため、できるだけ小まめに処分しましょう。
次に「発火物の近くに置かない」ことです。
磁石の中には発火しやすいタイプもあるので、スプレーなどの爆発のリスクがあるごみの近くには置かないでください。
他にも「磁気の影響を抑える」事も重要です。
磁力が弱ければ新聞紙で包み、強いものは鉄製の入れ物に入れて処分することをオススメします。

マグネットシートの再利用方法

マグネットシートを処分する際に、捨てるのではなく「再利用する」という選択肢もあります。
よくポスティングされている広告マグネットシートは広告部分を取り除くことができ、広告を取り除いた後にお好みのシールやステッカーなどでデコレーションして再利用するという方法がオススメです。
ぬるま湯に1日つけておけば取れやすくなります。
しかし、中には広告部分が取れないマグネットシートもあるようです。
また、おみやげなど一定の商品価値があるものであれば、オークションサイト等で販売してしまうという方法もあります。
おみやげのマグネットを集めているというコレクターもいるようですので、ある程度の需要はあると考えられます。

マグネットシートやマグネットは、自治体によって適切な処分方法が異なります。
処分する際には安易に燃えるごみに混ぜるのではなく、きちんと調べてから処分するようにしてください。
再利用する、販売するなどの選択肢についても考慮すれば、資源を大切にすることにもつながります。